スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテキンが新型インフルに効くらしい

緑茶成分のカテキンが、新型インフルエンザウイルスの心臓部に直接作用して増殖を抑える効果があると大学の研究でわかりました。

インフルエンザのウイルスからウイルスの繁殖に必要なRNAポリメラーゼという酵素を緑茶成分の5種類のカテキンを加えたところ、2種類のカテキンで酵素が動かなくなったとのこと。

カテキンは腸で分解されるため、緑茶を飲むだけではウイルス対策効果は弱いが、吸引式などの方法で直接ウイルスに対抗できるようにすれば、効果的な新薬になりそうです。


カテキンは、いろいろな効果が期待でき、今後も注目されている成分なのではと思いました。


お茶の成分のカテキンは、健康維持に欠かせない成分です。



参考サイト

新型インフルにカテキンが効く?徳島文理大が解明
10月22日4時25分配信 読売新聞
スポンサーサイト

カテキン 効能 消臭

カテキンには多様な生理活性があることが報告されていますが、消臭効果もその一つです。
茶カテキンに消臭効果がある理由は、科学的消臭メカニズムから証明されています。

茶カテキンがつかまえた臭いは、科学的に結合してニオイ成分自体を消滅させてしまいます。

茶カテキンの消臭作用を化学的に実験した例があり、それによると、ニンニク臭、魚のくさったような悪臭、生ゴミが腐ったような悪臭に対して、高い消臭作用を持つことが明らかにされています。

その結果、茶カテキンには口臭や悪臭に対して、効果があることがいえます。


茶カテキンには口臭や悪臭に対しても効果がある

メチル化カテキン

緑茶やウーロン茶、紅茶などに苦み成分として含まれているカテキンが、抗アレルギー効果を持つことが報告されてます。
メチル化カテキンとは、ヒトの腸管からの吸収性が高く血中濃度も長く維持されて高い抗アレルギー効果が期待できる新しいカテキン成分として期待されており、メチル化カテキンを配合したサプリメントも販売されています。
メチル化カテキンの効能としては、花粉症やアトピーの軽減効果が明らかにされています。このカテキンには、目や皮膚がかゆくなる、鼻水が出る…といったアレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの物質を細胞から放出させない作用があります。
メチル化カテキンが豊富に含まれている茶葉で有名なのが、べにふうき(紅富貴)です。べにふうき(紅富貴)の粉末状にした商品や、べにふうき飴という商品が出されています。

茶カテキンの摂取量

体の中の脂肪消費酵素が活発に働くようになり、脂肪をエネルギーにとして消費しやすくする茶カテキンの摂取量の目安はトクホ(特定保健用食品)の許可を受けているへルシア緑茶の例をみると、1日あたり540mgです。
これは、急須でいれた緑茶(350ml当たり)の約2倍の茶カテキン量です。(条件:煎茶10g、湯量430ml、抽出温度90℃、抽出時間1分)
茶カテキンの効果を得るためには、茶カテキンの摂取方法には指定はありません。急須で濃く入れた緑茶でも、緑茶の粉末をカプセルにいれたようなサプリメントでも可能です。摂取期間の目安が12週間なので、連続して飲み続けることが最も大切です。

茶カテキンの効能

緑茶などで茶カテキンを続けて摂取することで、体の中の脂肪消費酵素が活発に働くようになり、脂肪をエネルギーにとして消費しやすくする効果が確認されています。
茶カテキンを豊富に含むへルシア緑茶(高濃度茶カテキン)はトクホ(特定保健用食品)の許可を受けています。茶カテキンを摂取していると、肝臓や筋肉中の脂肪をエネルギーとして消費しやすくなります。
トクホ(特定保健用食品)は、厚生労働省が食品に健康表示(健康への効用をしめす表現)を具体的に表示することを許可する世界で初めての画期的な制度で、許可がおりるまでに長い期間及び研究費用がかかります。

茶カテキンとは

茶カテキンとは、緑茶や烏龍茶、などお茶に含まれている成分で、お茶特有の苦味、渋みを構成する成分の一つです。
昔から日本人に親しみのある緑茶や中国人に親しみのあるウーロン茶など、通常生活で普通に飲まれている成分です。
カテキンには、健康を維持するにあたって様々な効果があると報告されており、血糖値調節作用、血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、老化抑制作用、抗酸化作用、抗突然変異、抗癌、抗菌、抗アレルギー作用などと言われています。

プライバシー・ポリシーについて

・クッキー(Cookie)及びWebビーコンについて

○クッキー(Cookie)について
Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。
クッキーの利用により、利用者が使用されているコンピュータを識別できますが、利用者個人の識別はできません。

○Webビーコンについて
Webビーコン(クリアGIFと称されることもあります)は、サイトおよびページのアクセス状況を計測するための技術です。

上記の機能は、本サイトの利用者数を計るために使用する場合があります。

なお、Webサイト利用者がインターネット閲覧ソフト(ブラウザ)の設定を変更することにより、当社ウェブサイトから送付されるクッキー及びWebビーコンの受取りを拒否することが可能です。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。
ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。