スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶カテキンの摂取量

体の中の脂肪消費酵素が活発に働くようになり、脂肪をエネルギーにとして消費しやすくする茶カテキンの摂取量の目安はトクホ(特定保健用食品)の許可を受けているへルシア緑茶の例をみると、1日あたり540mgです。
これは、急須でいれた緑茶(350ml当たり)の約2倍の茶カテキン量です。(条件:煎茶10g、湯量430ml、抽出温度90℃、抽出時間1分)
茶カテキンの効果を得るためには、茶カテキンの摂取方法には指定はありません。急須で濃く入れた緑茶でも、緑茶の粉末をカプセルにいれたようなサプリメントでも可能です。摂取期間の目安が12週間なので、連続して飲み続けることが最も大切です。
スポンサーサイト

茶カテキンの効能

緑茶などで茶カテキンを続けて摂取することで、体の中の脂肪消費酵素が活発に働くようになり、脂肪をエネルギーにとして消費しやすくする効果が確認されています。
茶カテキンを豊富に含むへルシア緑茶(高濃度茶カテキン)はトクホ(特定保健用食品)の許可を受けています。茶カテキンを摂取していると、肝臓や筋肉中の脂肪をエネルギーとして消費しやすくなります。
トクホ(特定保健用食品)は、厚生労働省が食品に健康表示(健康への効用をしめす表現)を具体的に表示することを許可する世界で初めての画期的な制度で、許可がおりるまでに長い期間及び研究費用がかかります。

茶カテキンとは

茶カテキンとは、緑茶や烏龍茶、などお茶に含まれている成分で、お茶特有の苦味、渋みを構成する成分の一つです。
昔から日本人に親しみのある緑茶や中国人に親しみのあるウーロン茶など、通常生活で普通に飲まれている成分です。
カテキンには、健康を維持するにあたって様々な効果があると報告されており、血糖値調節作用、血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、老化抑制作用、抗酸化作用、抗突然変異、抗癌、抗菌、抗アレルギー作用などと言われています。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。