スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メチル化カテキン

緑茶やウーロン茶、紅茶などに苦み成分として含まれているカテキンが、抗アレルギー効果を持つことが報告されてます。
メチル化カテキンとは、ヒトの腸管からの吸収性が高く血中濃度も長く維持されて高い抗アレルギー効果が期待できる新しいカテキン成分として期待されており、メチル化カテキンを配合したサプリメントも販売されています。
メチル化カテキンの効能としては、花粉症やアトピーの軽減効果が明らかにされています。このカテキンには、目や皮膚がかゆくなる、鼻水が出る…といったアレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの物質を細胞から放出させない作用があります。
メチル化カテキンが豊富に含まれている茶葉で有名なのが、べにふうき(紅富貴)です。べにふうき(紅富貴)の粉末状にした商品や、べにふうき飴という商品が出されています。
スポンサーサイト

茶カテキンの摂取量

体の中の脂肪消費酵素が活発に働くようになり、脂肪をエネルギーにとして消費しやすくする茶カテキンの摂取量の目安はトクホ(特定保健用食品)の許可を受けているへルシア緑茶の例をみると、1日あたり540mgです。
これは、急須でいれた緑茶(350ml当たり)の約2倍の茶カテキン量です。(条件:煎茶10g、湯量430ml、抽出温度90℃、抽出時間1分)
茶カテキンの効果を得るためには、茶カテキンの摂取方法には指定はありません。急須で濃く入れた緑茶でも、緑茶の粉末をカプセルにいれたようなサプリメントでも可能です。摂取期間の目安が12週間なので、連続して飲み続けることが最も大切です。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。